2005年12月28日

<今まで乗ったクルマ+これから乗りたいクルマ=理想のクルマ生活>

2001新春号から。乗りたいクルマはさほど変わらんがイマでも。しかし乗るというリアリティは5年経つとかなり遠のくね。

新春自分内盛り上がり企画
<今まで乗ったクルマ+これから乗りたいクルマ=理想のクルマ生活>

 フィアット・パンダ4×4、ボルボ240ワゴン、シトロエンBX GTi、ルノー・トゥインゴキャンバストップ、ランチア・プリズマ・インテグラーレ、アルファロメオ75v6、プジョー309GTi、・・・・・・・・・どれも思い出深い、いいクルマだった。今のサーブ900Turbo Convertibleも、ターボのかかりはいいし、なんと云っても屋根無しのスタイルはだいぶいいんじゃないかな。クルマ好きじゃなくたってそれはなんかわかるみたい。あとは幌に散財できれば云うことなしだ。最近食指の動くクルマが、特に新しいメのにあんまりなくて、経済情勢もきびしい折り、いやサーブはしばらく乗るよ、乗るんだけども、気になるっていうか、乗り損ねたクルマももう乗ってあげないとクルマそれ自体の寿命がくるっていうかさ、なあんて、一体だれに、言い訳してんだろう、おれ。

 しかし、世の中にはいろんな好き者がいるし、こんなに多彩な、そしてちょっとマニアックなクルマたちと喜びも哀しみも共にした生活を送ったおれも珍しいと思えるので、そんな立場から少し、今後気になるクルマを何個か揚げてみようと思いますので、好きなヒトだけ聞いてちょうだいね。
 ではまずITALIAのアッツイチームから。
*FIAT: 1. クーペ・フィアット。2. バルケッタ:
 これはどちらもまーまー新しい。クーペはいかついオリジナルなスタイルと豪快くんなドッカン・ターボに惹かれる。でもちょっとパーっぽく見えるかもね。バルケッタは昔欲しくてたまらなかったんだけど、2シーターは一台目としては実用的じゃない。荷物も積めんしね。でも、その軽さはおれの人間のカルさと共鳴するかはおいといて、まだ魅力的。チンクエチェントは非現実的。あと、ティーポの状態のいいのがあれば悩むかもしれない。
*alfaromeo:
 最近右ハンドルのアルファってよく見る。にわかアルフィスタが増殖中ということだね。アルファのみならず、クイクイ走るクルマのシフトは利き腕とおれの場合はもう決定しちゃってるので、いーなーなんて全然思わないけど。ま、それはいいとして、アルファならもう一度75に乗りたいな。今度はツインスパークの身軽なヤツがいい。あと155ならデルタと同じエンジンの4駆のQ4かな。でも赤はいやだ。75なら赤でもいい。何ゆっとんねん、って思うでしょ。でもそこんとこ、説明する気ないけど、ばかのこだわり。気にしないで。新旧のスパイダーはどーか?気にはなるがむずかしいなあ。バルケッタもそうなんだけど、今4座のオープンに乗ってるでしょ。するとこれが結構使えるんです。だから2シーターはなかなかむずかしいなあ、今となっては。しかし、ムチャいいオンナとだったら、2シーターとトランク2つで春先の北陸酒池肉林旅行なんてのも悪くないなあ、うーんどーしよーかなー、という悩みこそが非現実的やっちゅうねん。
*Lancia/Autobianchi:
 ランチアは現実的に欲しいクルマがある。デドラです。見た目はなんつーこともないセダンなんだけど、シートはアルカンタラっていうランチア独自の合成皮革で、アルファ155の兄弟にあたるクルマ。ランチアのセダンはコドモには決して理解できないカッコよさがあって、前のプリズマもそうだったんだけど、特にワカイおんなにものすごく受けが悪い。しかし、それがいい。乗れば乗るほどおれは好きになるという確信があるから、ほんとに欲しくなったらどーしよう。そんなんのインテグラーレと出会ってしまったらどーしよう。先ほどの酒池肉林旅行程度の非現実度だけど、あり得ないとは言えない程度の現実味もある。うーん悩んじゃうなー。そしておれが身も心も「社長化」してしまったあかつきにはテーマに乗ると思う。小さい部門もランチアは充実してる。飲みに行くのを10回やめたら買えそうなY10は乗ってみてパンダとどこが違うのかを確認してみたい。新しいY(イプシロン)も気になる。あのサイズであのインテリアのオシャレ度は衝撃的だ。センターにメーター類が集中してるのもオリジナルはトゥインゴなんだけど今じゃ日本車も真似しちゃって目新しさはなくなったが、ランチアならまた話は別。かつてのA112はどーか。うーん、おれはそうでもないなあ。なんか故障自慢のクルマってイメージだな。運転しづらそうだし。それに3倍(修理代込みなら5-6倍?)のお金使うんならY10に乗って旨いもん喰いに行く方がいい。 さてお次はフレンチ・シックチーム。
*Peugeot:
 プジョーはよー走っとるね。しかしおれは最近のモデルにはなんにも感じない。残念ながら。しいていえば106かな。これは楽しそう。しかしだね、205/309みたいなもの、もうプジョーは作れない気がするんだなあ、なんか。プジョーのぬいぐるみをかぶったドイツ車みたいだ。柔らかさがどんどんなくなっていってる。やっぱ、205GTi/309GTi/405Mi16ぐらいまでだなあ、おれにとって。あ、ひとつ忘れてた。魅力的なモデルがあったんだった。それはクーペ・カブリオレでハードトップが開閉して文字どおりクーペにもカブリオレにもなるというコーモリ車なんだけど、これはいいんじゃないかな。摂津信用金庫の事業者オートローンで買おうかな。オープン2つもいらんっちゅーねん。
*Renault:
 ルノーは乗り損ねというか中心的なモデルにぼくは乗ってないから、食指は大変動きます。新しいとこからいくと、あ、新しいっちゅうことはまだ慌てんでもええっちゅうことですけど、まずメガーヌ16V、新型のルーテシア16V、同じく旧型、そしていまだに悔いが残るのは21(ヴァンテアン)Turboだ。このいかついカッ飛びセダンにはかなりココロ惹かれるものがある。最近じゃだいぶ希少になっちゃって、けっこう高いんだけど、壊れるかなあ、タービン潰れたら高いしなあ。カックンカックンのまさにボクシーなヤル気を秘めたルックスからあっという間に200km/hだからなあ。もう人生どーでもよくなったら買おうかな。そしてルノーの小型車といえば5(サンク)だ。バカの一応クルマ好きの職人から4駆がハヤリ出した頃、そのルノーの3駆というののしくみがわからへんねん、マルタニさん前2と後ろ1なん?なんて質問を受けたことがありました。5(サンク)でした、へへへ。ま、誰にも間違いはある。しかし、このクルマはかなり奥が深いと思う。ライヴァルの205と比べても。GTもいいが特筆すべきはbaccara仕様というのがあって、革シートなんです。あんなちっこいクルマに本革というのが意外な展開。そしてそのつきたてのお餅のようなシートのふんわか度。ルノーのシートは世界一だ。壊れて動かなくても、座ってるだけでもOK。エクスプレスなんて商用車なんだけど、なんという洒落っ気ってくらい、荷物つんで営業したくなるくらいかわいい。5five(サンクファイヴ)なんてあったまクラクラしそうな名前の廉価版があったりとか、そのバリエーションはピカイチだ。そのどれもがシートはふかふかときたもんだ。いいですねえルノー。あんまり日産と一体化しないでね、ムッシュ・ゴーン。あ、ゴーンはニッサンのひとでした。そんなことゆってもしょうがなかった。
*CITROEN:
 シトロエンです。過去に乗ったクルマでもう一回乗りたいのがBX。 さっきシートの話、ルノーのところでしたけど、このBXのシート、これも、トロけます。特にグレードの低いバージョンのBX、もう助手席に乗ったアナタは立ち上がれないくらいにイカれます。なぜか?シートもさることながら、秘密はそのサスペンションシステムにあります。普通のクルマは金属バネで車体を支えるが、このBXは違います。オイルによって車体を支えます。これがアンドレ・シトローエンの大発明、そしてシトロエンをまさにスペシャルなクルマにしてしまった秘密です。ハイドロニューマチックといいます。この乗り心地は最初「なんじゃー、こりゃー」です。しかしこれに慣れてしまったら、もう過去へは戻れないほどの習慣性があります。まさに麻薬的なシトロエン。ぼくがもう一回!って思う理由はきっとそこにある。高速を飛ばすと、あるいはコーナーを曲がると、その時タイヤと地面に摩擦があるってことを一瞬忘れてしまう。ひとり乗りのホバークラフトみたい。たとえば右コーナーの時って荷重は左にかかるよね。それ、物理の常識。遠心力だね。ところがシトロエンのハイドロは常に車体を水平に保つという「意思」をもっている。するとどーなるか。ドライヴァーは左に傾かないから左へのGがほとんどかからずコーナーをクリアすることができる。これはね、快適以外の何ものでもない。なんか、すごい。すごいって思った、おれ最初に遠出したとき。未来の乗り物という感じです。ぼくがいま云ってるよりも昔のクルマというのもほんとにかわいいのが多いんですが、その中でもシトロエンは特に異彩を放ってる。ものすごくデザインが、今見てもあり得ないくらい未来的なんだよ。DSというクルマがあるんですが、大金持ち、っていうか小金持ちぐらいでもいいんだけど、是非いつか所有してみたい、と思う。ものすごーく、大事にしてあげたい。存在するどのクルマよりも個性的です。なんかこう云っちゃうとあとはカスみたいやけど、バネの(ってことわらなきゃいかんとこがおもしろいでしょ)シトロエンも捨てがたいイイクルマがある。小さいAXというクルマなんですけど、このGTも飲み代10回分グルマなんだけど、これも面白いと思う。軽くって速くって。あとオートマなんだけどCXとXMどちらもカッコは抜群な新旧大きなシトロエン。クラッチ踏めなくなったら欲しい。くじらって感じ。もちろんどちらもハイドロ。
 世界中にはもちろん仏・伊以外にもイギリス車・ドイツ車・スウェーデン車・アメ車・韓国車・日本車も存在する。ボルボとサーブは乗ったことあるし、サーブは現在進行形なんだけども、もちろん良さはある。頑丈さと信頼性だ。スウェーデン国内産の鋼は物凄く強い。それにそこそこ速い。でもぼくの今のサーブも買って一年になるが、オープンという反則技がなければ、あまり愛着は湧かないだろう。もちろん、オープンだったから買ったんだけどね。残念ながら、仏・伊車の信頼性はそれ以外の国のクルマに比較すると、それらより高いとは云いがたい。しかし、それがどーした。そのかわり手や肌に触れる部分の馴染みの良さとかなつっこさとかヒトを楽しくさせる能力とか、数値化できない部分での、所有したものにしかわからない柔らかい一体感、これはその他のクルマにはないものだ。それはもう機械とはいえない何かだ。生き物というと語弊があるかもしれないが、それに近い何かをぼくは仏・伊のクルマに感じる。生き物の中でもヒトと長いこと付き合ってきた、イヌやネコやウマなんかにごく近いものを感じる。だからクルマのことを考えだしたヒトにはぼくはとりあえず自分の知識と経験をフル稼動してうるさいぐらいにその良さをわかろうとする姿勢をもってほしいと思うだろう。クルマはまぎれもない機械だけど、機械とは云いがたいような機械です、仏・伊車ってのは。特に日本車しかしらない未だココロの柔らかいひとに乗って欲しいな。おれがうそつきじゃないってことがわかると思う。いや、ホント。だって組んだローンと修理代でフェラーリ、1.5台ぐらいは買えるっちゅーねん。
posted by おれ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。