2005年09月15日

夏が終わればサンマが待っていた


<夏はヴェランダから終わるんだが秋はサンマが待っていた号>02初秋
<<一昨年の夏終わり号より。


 いや、しかし、抗ってもしょうがなかったね、この夏の暑さ。人間の限界・無力感を強く感じる。外には出る気力が失せる。よっぽとイイおんなかなんか待ってないと、ね。しかし、クーラーの中にばかりいると、なんだかストレスが溜まるでしょう。基本的に汗かくのはすきなのね。こんなとき、なにもかも忘れてしまえるような激しいセックスいいですね。みんなー、セックスしてるぅ。お酒、まあ、飲んでも飲まなくてもいいけど、涼しい部屋でその涼しさがぶっとんじゃうくらいのセックスをする。まあ、そこの描写はそれこそ人それぞれだから、やめとくとして、ふうっ、イっちゃったあとカラダを離し、かいた汗を冷気に引かせる。けっこういい時間でしょう?これって。おれさあ、思うんだけど、なんかこの閉塞感だらけの世界で身近にヒトを解放してくれるもののひとつとしてセックスって結構いいんじゃないか、って思ったりもする。かのイアン・デュ−リ−大先生も「セックスに薬にロックンロール、まったくいいもんだぜ」とおっしゃってる。イアン・デュ−リ−大先生の偉いとこはそんな歌を作ってブロックへッズなんてバンドも作って、それを崇高かつ、かっこいい表現まで高めたとこがほんとは偉いんだけどね。ian.jpg
 しかし、と、かの大先生も云ってるぐらいだから、おれたちもスケベギンギンでもいいし、技巧に溺れてもいいし、ただただ、「いいセックス」をしましょうよ。人は最初も最後も裸だよ。
 思うんだけど、あ、これは前号の続きっぽいかもしれませんが、ジェンダーの溶解に伴って、オトコでなきゃ・・・・なんてことがほんとになくなってきた。にもかかわらず、巷ではオトコだし、とかオトコだから、(とかオンナのくせに・・ってのはさすがにあんまりないかな最近)なんて根拠で勘違いな行動をしてるバカオトコ・バカオンナがまだまだ溢れてる。ほんと、どーしよーもないバカが多すぎるんだけど、もう一回いうけど性差というものは現代においてはもう生物学的性差、つまりセックスにしかありません。ばかはばかなのでしょうがないし、そのばかカップルにはどーぞ幸せに、BGMは「あゆ」だよね、ってくらいしか、いえないけど、そこを曖昧にしてるオトコと今付き合ってる理性溢れるルックスグッドなオンナのこたち、はやいとこ、二股なり三股なりかけるかして、そいつを相対化しとかないと、エライ目にあうよ。幸せを掴むためには世の常識に囚われてちゃまず、無理。その常識の一部をジェンダーも担ってたわけだしね。その根拠(常識とされるもののね)はぐらぐらしてます。もう5年ほどのイノチかも。その時代にハマり過ぎた者は次の時代生きれないのよ。これ生物学の「常識」。
「おとこだから・・」っていい続けないことにはもう「もたん」ちゅーことね。そんなこといい続けないともたないおとこがじゃあ何になるのか?「おとこ」じゃなくなったら、という疑問ありますね。答えよう。
 それは「おばさん」になる。おかまって答は積極的におとこやめてオンナをめざす際の明確な意思に基づく選択。これはりっぱよ。それに対しておとこを志向しながらママとかの手助けも借りながら「おとこだから・・」っていい続けてもダメだった場合、それは足元から「おばさん化」していくんだぞー、という予言をしておこうね。御愁傷様。
【関連する記事】
posted by おれ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の終わり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。