2005年12月20日

欲望の奴隷はややかなしい・・・オトコの居場所

2004のほぼ一年前のヒトリツウシンより。女子用生理用品の「身も蓋もなさ度」は加速している。最近じゃ、フィットが訴求点である。「形」わかっていいの、っていうかTVで形を表現していいの?


<オトコの居場所>
 今現在、オトコとして非常にハッピーだよ、なんかもんだいが??なんて方はかんけーないのでとばしましょう。
 必要とされてないオトコはほんとに必要とされとらん気がしたわけ。これは厳密な意味でいっているのだけどね。そんなのあったりまえぢゃん、むっかしから〜という意見もあろうかと思われる。
 なんでこんなことを言うとるかといえば、ある生理用品のCMでこんな歌い文句を聞いちゃったからというのが大きい。
 「おおいひのねんどのたかいけいけつ・・・・」漢字で書けばこうなる。「多い日の・粘度の高い・経血・・・」一般的にTVは両性が見てんじゃないのか?いつの日からそういうスペシフィックでテクニカルな物言いが生産者から消費者にチョクで伝えられるようになったのか?こんなのって聞いたことないからはっきりわからんが、女子同士で「あたし、今日2日目やんかー、むっちゃネバいねんやー」などという会話が実際にあるのかな?最近のその手の用品というものはイイ仕事するんだろうな、とも思うし、他の広告でも「安心して寝れる」とか「ヨコ漏れしない」とかそれはいろんな言いまわしで訴求してるからなんとなくわかる。そしてその技術にはパンパースの研究チームが大きな貢献をしていることも知っている。他社製品と差をつけるのが広告宣伝であるからなにか有意差が必要になることもわかる。しかし、他に言うこともうないからって「多い日の・粘度の高い・経血・・・」かよ。視聴者の半数は男である。そのトーンは「オマエらべつにかんけーないからさ、流しといて」という暗黙のフレーズが聞こえる気がするんだよなあ。いや流すよ。流すし、あそこらへんにナプキン当てていやーんなんて性癖も一切ございません。ございませんが、そこまでいうのは不愉快や、P&G!!!。
 こんなCMの裏側にはフェミニズムとはちーと違う、男をないがしろにした意識がある。その意識は女だけが作っているというわけじゃなく、頭の悪い男たちもそれに加担している。どんどん身もフタもなくしていくことにほとんどすべての人々が貢献しちゃってる。一体、かれらは先のヴィジョンなんてものを考えたことがあるのか?いや、ないからできるのね。経済の本質がそこには見え隠れしている。逆説的だが、すべての差異を埋めること、それが大衆資本主義の目標であるからね。それは差異のないのっぺりした精神的地平をつくりだす。すべての差はそれを瞬時に埋めるために瞬間ねつ造されるわけだな。
 インターネット上ではエロ系サイトでオンナはもうこれ以上ないってぐらいに消費されている。パーツごとにの場合もあるし、グラビアアイドルとかなら全体的に。極端なハナシ、おっぱい・けつで溢れてるし、コーモンなんてどこにでも転がってる。お○んこはやっぱマズいみたいなのね。でもコーモンはいたるところにある。ねえ、女子のヒトに聞くがどっちが恥ずかしいのかね?見せんの。

 なんで急に資本主義から女子のコーモン話になっとるかというと、「おとこは資本主義社会の奴隷か?」と思うわけだから。「女は世界の奴隷か?」これはジョン・レノンの曲だけど、まあそれに掛けたんですけど。つまりは欲望を喚起するメディアに包囲され、さんざん意識の上で弄ばれ、かたや、公の場であるにもかかわらず、その存在を無視され、そして喚起された欲望を満たすためにはお金を使う装置をあちこちに置かれた状態といえるから。こりゃ大変だ、今びんびんじゃなくてほんとに良かった。
 こないだ郵便局の窓口で行列ができててその先に若いカップルがいて局員たちも彼らの肩ごしに次の人たちのための業務をこなしてて、「こいつらいったいどんな重大なことをしておるのか?」とおれの番になったからのぞいてみると、なんと、年賀状選んでやがった。「これがいい〜」「これ売り切れやん」「でもこれがいい〜」「そーやなー、でもないしなー」「でも〜」死ねよいっかい!!!!
 オトコの居場所ってそんなとこにしかない、ってのの典型。オンナのサイドで傍役って感じね。アクセサリーじゃないんだからな。
posted by おれ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

いつもこころにオッさんを!!!

<いつもこころにオッサンを>
 まあ店のオンナどもを見てて思うことなんだけど、これは特にうちの店に限ったことでもなかろう、と思い、ちょっと一言。80's後半くらいからかな、オンナたちがオトコの持ち場(仕事場・遊び場)へと進出してきた。たとえば焼き鳥屋とか競馬だとかね。そしてそれに伴ってそのフィールドはおれには面白くなくなってきた。

おれはそんなにその現場にいたことはないし、当時はまだワカゾ−だったこともあり「うっとーしーなコイツラ」なんて経験そう多くはないんですが、でもオッさんのある種聖域でしょう、そういう場所、そんなところに土足で乱入やりたい放題、そしてそれをメディアがもてはやすってのは、なんだか気の毒な感じがしてた。

 そのうちに経験値高くなったオッさんの中には、オンナたちに対応することを覚えちゃったオヤジなども現れたりして、その同情自体も中途ぱんつケツ半だし、みたいなことになりまして、まー、そんなこたぁどーでもいーかって思ってたわけ。
 
 そして当たり前のことだが放っとけば時は流れる。そしてそのオンナたちにとって異空間だった場に彼女たちも馴染んでき、社会全体のコンセンサスとしてそれが当たり前として成立する中で育ってくる、いわばそのことを当然として受け入れるもっと若いオンナが現れるに至って状況は違う次元へと移りつつあるように見える。
 
 結論からいいますと、伝統的な意味での正しいオッさんに彼女らがなっていっとるっちゅうことだよ。今オトコたちはオッさんになることをあまりに敗北視してる。オッさん化=もてねえ、だからだ。マニュアルに頼り過ぎやっちゅ−ねん、オマエら。もてなくたっていいじゃん。もてんのも大変よ、けっこう。

 マニュアルに頼り過ぎなのはホンモノのおっさんらも同じく。トイレで新聞読んでてオッさん版メンズノンノみたいな雑誌の広告見つけて(LEONだね)驚いてそれから吹き出した。「イタリアオヤジに学べ」だってさ。たぶん、ベースにはジローラモくんの存在なんてのがあるんだろうけど、他人を完コピすることの恥ずかしさはみんなで棚上げしてその雑誌を成り立たせようというその動機がいかんやろ。イタリアをも消費しつつある、その日本のメディア実感ないな〜んにもあとに残らん文化なんてさ、ひとのフンドシで相撲とんのもいいかげんにしとかないとね。
 
 ミもフタもない環境で育たざるを得ないワカモノたちに対する同情を禁じ得ないが環境そのものをおれの手で変えてあげることも、身の回りのことなら可能だが、知らんコはどうしようもないから、まあみんな世間の荒波にもまれてちょーだい、また出会う事があれば仲良くしようか、くらいしかいいようがない。
 
 まあそんなこんなな世間ではあるが、そもそもいつの世も良質というのはわずかなパーセントしかないわけで、今ここでいうワカイおんなの中には、道でパンツ見せながら座り込んでるカオもカラダもきたならしいあいつらは入ってなくて、おれがいいたいのは、オッさんたちが自分らのフィールドでギヴアップした部分におれがいうオンナたちがするっと入り込んでで、一旦はいっちゃうと、意外なほど彼女らが馴染んでるじゃないか、っちゅうことなのね。

 今もうおんなっぽいおんななんてのはよっぽとじゃないかぎり戦略としかみんな見ないから、これは必然なんだろうと思う。オトコがやっていたことはいま正にオンナがやるべきことである、なんて感じ。マツダのクルマかなんかで「いくぜワタシ」なんてコピーがあったけど、それってモロわかりやすいでしょ。

 だからこそ、なさそで実はある(はず?)、オンナにできないことをおれたちオトコはやんなきゃいかんわけだよ。

フィールドはどんどん狭められ、おかまになっちゃった方が絶対ラクな状況ではあるんだけど、おっさんの正しさがそこのきみ、きみを救うぞ。といえば、うっそー、ってきみは答えるだろうか。

 オッさんはおばさんに囲まれて負ける。オッさんは孤独である。オッさんは冷酷じゃない。オッさんは実はやさしい。オッさんは実はいろんなことを知っている。が声が小さいためにおばさんの団体の声にかき消される。オッさんは自分を楽しませる方法を知っている。オッさんは世間で流行ってることにおばさんほど影響されない。オッさんは群れない。オッさんは水虫かもしれない。オッさんはヒトリでも闘う。がおばさんの団体には必ず負ける。オッさんは誰とも喋らない日がある。オッさんは昨日聞いたことを翌日他人に以前から知ってたようには言えない。

 男女問わずオッさんはいる。男女問わずおばさんもいる。

 おんなのおっさんをおれは「おまんこ付きおっさん」あるいは「おっさんなのにおまんこ付き」と呼ぶ。

 いつもこころにオッさんを!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
posted by おれ at 11:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。