2005年08月23日

うれしはずかしなつかしの味

<<最近の2004ヒトリツウシンから。この号おれは元気だった。熊野古道歩いたりして、パワー充電してた>>
 ナポリタンなのね。スパゲティといえばナポリタンとミートソースしかなかったっちゅーねん、三十年前の話だけど。イタリアの「ほんとの」スパゲティとは似て非なるものかもしれないが、散々ほんまもんを食べたあとで、そのニュアンスをアレンジに加えてみたらうまかったよ。オウチ自炊メニューとしては簡単だからキミらもためしてみなさい。
 たっぷりお湯湧かす。スパゲティはもうなんでもいいんだけど、たまたまそこにありました、というのがいいと思う。わざわざ買いに行くとか、そのわざわざ感はナポリタンには似合わない。具も冷蔵庫にあるもの適当。ベーコンでもいいし、ウインナーもいいし、オリジナルにこだわるなら魚肉ソーセージだけど、それもわざわざ買いに行くというのもおかしい。あるもんで。あとタマネギ、ピーマン(色問わず)、きのこ(種類問わず)なんかがあればオーケー。ではお湯湧きました、麺投入してアルデンテまで待とう。その間にたかのつめをオリーブオイルで炒める。おれはやや黒くなるまでやっちゃうけど、お好みで。そして具材を続けて炒める。軽く塩。しんなりなったら「日本の<ナポリタン>」の素=トマトケチャップをくじゅーっとフライパンへ。そして、ここからがちょっと違う。麺の茹で汁をおたまですくって一杯。赤ワインの残り物をその半分くらい。フライパンの中が一気ににぎやかに。アルデンテの麺をフライパンへ。茹で汁もひとつ。あとは炒めじゃなく「からめ」て水分を飛ばす。はいできあがり。パルメザンを散らしていただきま〜す。たかのつめがあるからタバスコはいらんと思うが、好みで。これは、かなりうまいと思います。
posted by おれ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

<季節限定・鰻の誘惑> <季節限定・鰻の誘惑>

<季節限定・鰻の誘惑>
 梅田阪神ビルの地下にあった「柴藤」も老松町の「川波」もなくなっちゃった。おじいさんがやってたとこはどんどんなくなっていく。さびしい。好きな鰻をこの時期喰いたい。東京いっちゃうか、鰻だけのために。

 その店は縦横に交わる大きな通りの角に申し訳なさそうにしてある。古ぼけた店構えにお世辞にもきれいとはいえないノレン。そのノレンには「うなぎ 江戸焼」とだけかいてある。たてつけの悪い戸を苦労しながらあけて中へ。カウンターが5席とテーブル中・小ひとつずつ。十人入れば煙で酸欠になりそう。だから時間は昼下がりがいい。

 鰻重を注文する。グレードは2500円ぐらいにしよう。高けりゃいいとか、デカけりゃいいなんてのは粋じゃない。ビールを頼んで「待ち」にはいる。鰻を注文してからの待ち時間、これも味のうちだ。なんかアテが欲しくなるね。しかしここで鰻関連のアテ、うざくやう巻や白焼きは今喉から手が出るほど欲しいんだけど敢えてやめとく。鰻重の感動を小出しに満たしちゃいかんわけよ。

 で、お新香と鯛の子&かぼちゃの煮物を頼むことにする。そしてビール飲みながらひたすら待つ。カウンターの向こうでは主人がぼくの鰻をさばきだしてる。これはファスト・フードに対する「アンチ・テーゼ」なのだ。待ち時間も味のうちというのはそんなことよ。忙しいときは早メシもしゃあないとは思うが、この一回のメシにかけるときもあってもいいじゃないか。「最後の食事」なんてことも可能性なんだから。いや、マジで。
 
 ビールを半分くらい飲んだ頃、主人が奥で焼き始める。しばらくすると煙の一部が空腹にはやるせないタレの焼ける薫りをつれてぼくの席までやってくる。これは自分の鰻だという確信があるから、なのとその薫りの狂おしく、いとおしいことか。理性が溶けていく。今、かつおぶし工場にまぎれこんだネコみたいな心境だ。例え、適切だったかな?でもほっときゃそーんな感じ。一応お店のひともいることだし、かろうじて焼いてる現場に乱入なんて事態にいたる精神状態の一歩手前で踏みとどまる。

 そして普段だと結構おおよろこびな鯛の子の煮つけも今日ばかりはセミファイナル。ナンツッテモ本日のメーンイベントはうなちゃんなあんだもおん。さらに主人仕事すること15分。そろそろ鯛の子食べ終り。ビールもあと一杯分。グイッといってもう一本なんてことにはならない。ぼくが店入ってからもう30分ほど経過している。いいのよいいのよ。ここでしばし空想に耽ってみる。最近気になってるオンナのこととか考えてみたりする。意識をここからトバしてみたりする。ビールとアテにより超空腹からは免れているからわりにすうっとそっち側いけちゃってそのオンナのカオとカラダが浮かんでくる。いいね。物事はそれが達成する直前の、達成の予感を強く感じながら、しかし未だ現実とはなっていないというスレスレの瞬間が最高に素敵だと思うがどーだろう。
 
 お待たせしました。おかあさんの声で現実へとひきもどされた。あっちもよかったがこっちの世界もまあなんてス・テ・キ。塗りの器の蓋がかるく浮いてて鰻の下半身がハミ出ている。ハミでるという表現および状態好きだなあおれ。

 豊かさという根拠がそこにはあってなんだかそれをもてあましてる。もてあます、という表現および状態、これも好きだなあ。よかったらぼくお相手しますけど。しかしねそんなバカなこと考えてるよりも現実の方が勝ちなわけね。蓋を開ける。存在感。しかしただデカいだけじゃね。
 
 まむしもいいが、やっぱり蕎麦と天ぷらと鰻は江戸前がいいね。ふわふわの鰻にサンショウたっぷりで脂ののったお腹をせめる。もてあますほどの豊かさは口一杯に広がり、そして食べ終わるまで約15分。陶然となる小一時間である。
posted by おれ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

料理番組、困った感じって感じ


<料理番組という幻想>
 自分自身も料理は好きで家でも作ったりしてるんですが、それとは直接関係はないが、料理番組というジャンルがある。ほんとうにたくさんあるんだけど、時間帯的にぼくが見れるのは、キユーピー3分クッキング・上沼恵美子のおしゃべりクッキング・奥村あやおの今晩何食べるぐらいなんだけど、それぞれなんだかヤバいと思ってるのはおれだけか?
 
 キユーピー3分クッキングはおばさんの先生がヤバい。ワカモノの日テレのアナウンサーを助手(茶々入れ)に・・クンなんて新婚のヨメがたのおかんみたいなみょうに親密な感じがエロい。ヨメが買い物に出た隙に料理を教えながらワカモノの手を自分のチチんとこへ持ってくんじゃないか、なんて想定でもっておれは結構ハラハラしながら見てるんだが、いませんかね、こんなやつ。

 若手の日テレアナウンサーくんもまた当たり障りのないコメントを連打して、その変な気の遣いようがこれまた腫れもんにサワルかんじでエロい。帰ってからの禁断の「ネタ」みたいな感じがある。ヨメが「おかあさん、どーだった?」なんて質問に「べつに、普通だよ」なんて答えながら「省略多し」みたいな、ね。
 
 おしゃべりクッキングは、そうね、まだこれが意外とまともかもね。あんまり違和感ないんだな。これはゲストしだいって感じ。どの先生もそれなりに説得力があって、勉強になる。
 
 こまったのは奥村あやお、なるおっさんである。このおやじはかなりのこまったちゃん初老版だ。ひとがどんなに罵声を浴びせようが、生卵投げつけようが、家族を人質にとろうが、効果なし、なハイパー・マイペース・だだズレおやじである。しかも、周囲はたいがいめーわくしてるだろうなあって感じがひしひしと伝わってくる。料理自体はあたりさわりのない「別に」なものばっかりなのだが、そのあとの一言コメントがすごい。おれももう100回以上それ聞いてイスから転げ落ちてます。何をいうかわからないのでヒヤヒヤする。そして極めつけなのは、そのポーズ付き一言で「止まっちゃう」のだ。3秒ぐらい。永遠の時間に思えますね、その3秒って。

 止まるといえば、故淀川長治大先生の「さいならさいなら・・・さいなら・・・・・・・・」の後半の・・・が思い浮かぶが、淀川先生のストップはこちらも首同じ向きに傾けたりして、同じさいならの口になってなんだか先生とおれ微笑ましいね、なんだか少し照れるけど、って感もあったが、この奥村のおやじのは見ててこちらが恥ずかしい〜くなる種類のそれなんだけど、それを、まあ早い話「こわいもんみたさ」っていうのかなあ、変に気になってる自分がイヤ。主観だけで生きてる人間の強さがあるなあ、そこには。結果的にごっつい長生きしそうないやな予感がします。このヒト。
 
 そして料理番組と言えるかわからないが、あの一ヶ月一万円生活ってのもかなりキてる。よいこの濱口と同居してたにわとりのしゃくれが自分が今生んだ卵で濱口が作った卵焼きをつついてんのって、それ自分の子供っていうか自分自身というか、それが食糧ですか、という現実はなんだか超ブラックで笑えなかった。

 それって「下血を輸血」なんてコンセプトに近い?遠い?どっち?
posted by おれ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。